Entries

スポンサーサイト

# 坐骨神経痛その後

さらに、しつっこく坐骨神経痛の話続く。やはり、トリガーポイントブロックというのは、治療法として現時点で最適のものなのではないか。最近は時々痛さや痺れを忘れている。何より普通に仰向けで寝れるのがうれしい。まだ、痺れや痛みは時々あるが、テニスボールでトリガーポイントをマッサージで対処できる。...

整体・整骨院・整形外科2

とにかく痛くて不快なのだ。このつらさは坐骨神経痛になった人でなければ理解してもらえないと思う。その名のとおり神経に障るような痛みと言うか痺れというか、耐え難い不快感が続く拷問のような症状なのだ。私の場合は今回左の臀部から左足、ふくらはぎ、足裏にかけて、臀部はキリキリ、じりじり痛み、左足は気味の悪い痺れが足裏まで続く。こうなると、どんな信念も根性も役に立たない、現代医学を馬鹿にして、役に立たないと公...

整体・整骨院・整形外科

坐骨神経痛という診断だった。これで3度目だ。3年から5年周期で腰痛から坐骨神経痛になる。今回の原因は110キロのバーベルでスクワットしたら、少し深くしゃがみすぎて痛めてしまった。「グキ」とか「ゴキ」とかは無かったので、筋肉痛程度に思っていたら、1週間たって足を引きずるぐらい痛くなってしまった。整骨院に行っても、(ここはゴキゴキ鳴らす手技療法で治療をするのだが、)痛みが取れない、その旨言うと、さらに「ゴキ...

なぜあんなにくやしいのか2

とにかく、負けると悔しい、他のギャンブルでは味わったことの無いような悔しさと怒りがこみ上げてくる。大げさですがパチンコの話です。最初の大勝以来、たまにパチンコをやるようになって、勝ったり、負けたりしていると、自然と興味が出てきて、色々と調べました。すさまじいガセ、から結構使えそうなものまで、いわゆる攻略法というものがあることも知りました。しかし、情報が決定的に不足している。表向きはパチンコは確率の...

なぜ負けるとあんなにくやしいのか

5年ほど前初めてパチンコをしました。30代の終わりです。もともとギャンブルに興味が無く、やる気もなかったのですが、少し酒に酔って夜の9時ぐらいに時間つぶしにと、初めてパチンコ店に入り、なんとなく座った台で500円ですぐ当たりました。でも、どうゆうことなのか良くわからず、店員が持ってくるドル箱の交換もあわてて自分で玉の入ったドル箱を動かしたりして、システムを全く知らなかったのです。「確立変動」と言う言葉も...

パチンコの何がそんなにいけないのか

適度に楽しんでるんだからいいじゃない。他にたいして趣味が無いんだからほっといて。居場所がここしか無い。色々な理由で人はパチンコ店に足を運びます。それはそれでいいと思うのですが、私はやはりパチンコ店が日本に存在することが許せません。なぜなのか。それは、ギャンブルなのに遊戯という位置づけで私企業が運営する賭博場であり、完全に違法なのにどうどうと日本全国で営業し公安委員会と警察庁と癒着し完全な集金システ...

国家ぐるみの違法ギャンブル

以前は考えられなかったことだが、この4~5年テレビでパチンコ・パチスロのコマーシャルがやたら目に付く。どう考えてもこれはおかしい。深夜にひっそり少しだけ流すとかならまだしも、ゴールデンにお金のかかった大掛かりなCMをバンバン流している。TV局も長期の不況でお金を出してくれるスポンサーなら何をやろうが大歓迎なのだろう。しかし、刺激的で楽しげなイメージとは反対にパチンコ・パチスロは常習性のある麻薬的な...

Appendix

プロフィール

エル・コラソン

Author:エル・コラソン
高度経済成長期に子供時代を過ごす。SFと哲学が好きな変な子供だった。今もあんまり変わってない。大学卒業と同時にバブルに浮かれる日本を後にして海外で暮らす。父の死で帰国。外から日本を眺めて嘘に気付く。本当のことが知りたい。 社会、経済、歴史、宗教 あまりに嘘と虚構が多くて我慢できない。それがどんなにひどくても真実を知りたい。愚者の楽園に住みたくは無い。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エル・コラソンのブログ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。