Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://corazon9.blog136.fc2.com/tb.php/12-122c7b4d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

『アイアムアヒーロー』

今もって、ゆるい衝撃が続いている。久しぶりに漫画でこんな気分になった。
しかも、仕事中立ち寄ったコンビニで立ち読みした漫画でだ。
連載当初から読んでいて、コミックスになって読み直して、改めて上手い漫画だと思っていた。
しかし、手元に置いておきたいほどではなかったので、レンタルコミックで読んでいたが、今週の話を読んだら、コミックスを買おうかどうしようか迷い始めている。
『アイアムアヒーロー』花沢健吾先生がスピリッツに連載中の漫画だ。

今週の連載でなにが、そんなにすごかったのか。具体的には書かないが、私の知る限り世界で始めてゾンビというかデッドマンというか、人間以外の存在になってしまった元人間の内面描写をやったことだ、何を感じているのか、どう感じているのか、というおよそ想像外の心象風景の描写に成功している。
これは、見たことが無かった。見たことが無いのに異常なリアリティがある。なんだこれは。

この気持ち悪い恐怖と不快の感覚には覚えがある。
6歳か7歳ぐらいの時の記憶だと思う。風邪で熱を出して寝ていた。熱で意識が混濁して夢を見る。
薄暗い室内で、そこだけ浮び上がるガラスの円筒形の水槽の中で、黄色い魚が上に行ったり下に行ったりしている。それが怖くて怖くて仕方が無かった。熱に浮かされてみたイメージなのだが不思議な印象で今でも覚えている。今起想しても全然怖くないのだが、あの時はあのイメージが怖かった。
自分の脳が異常を起こしてそれを恐怖している感覚なのだろうか。

作中のゾンビが何を感じてるのか解らない、そもそも何も感じてないかもしれないが、脳はイメージをつむぎ続ける。そんなリアリティに衝撃を受けてしまった。

連載に目が離せず、次回を待つ連載は望月峯太郎先生の「ドラゴンヘッド」以来である。



アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)
(2009/08/28)
花沢 健吾

商品詳細を見る

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://corazon9.blog136.fc2.com/tb.php/12-122c7b4d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

エル・コラソン

Author:エル・コラソン
高度経済成長期に子供時代を過ごす。SFと哲学が好きな変な子供だった。今もあんまり変わってない。大学卒業と同時にバブルに浮かれる日本を後にして海外で暮らす。父の死で帰国。外から日本を眺めて嘘に気付く。本当のことが知りたい。 社会、経済、歴史、宗教 あまりに嘘と虚構が多くて我慢できない。それがどんなにひどくても真実を知りたい。愚者の楽園に住みたくは無い。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エル・コラソンのブログ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。