Entries

国家ぐるみの違法ギャンブル

以前は考えられなかったことだが、この4~5年テレビでパチンコ・パチスロのコマーシャルがやたら目に付く。どう考えてもこれはおかしい。深夜にひっそり少しだけ流すとかならまだしも、ゴールデンにお金のかかった大掛かりなCMをバンバン流している。

TV局も長期の不況でお金を出してくれるスポンサーなら何をやろうが大歓迎なのだろう。しかし、刺激的で楽しげなイメージとは反対にパチンコ・パチスロは常習性のある麻薬的なギャンブルであり、国家が見て見ぬふりをしているが、個人経営の賭博場である。

三点換金などという実に子供だましのからくりでギャンブルじゃないと言い張っているが、こじつけの屁理屈である。現在も全国通津浦裏、どんなど田舎にも必ずパチンコ店はあり、その数1万2千店などというキ○ガイのような現状をあきらめてうけいれることなどできない。

私はパチンコは4.5年前にやっただけで今はやらないし、スロットは目押しもできないので、直接の関係は無い。ギャンブル中毒で苦しんだ親戚や家族がいるわけでもない。

ただ、日本の形を思うと現状はあまりにも気持ち悪い。パチンコ・パチスロに利害関係のある集団の嘘と欺瞞、ごまかしの気持ち悪さだ。帚木 蓬生さんの著書「やめられない」の読後感が強烈で、こんな文章を書いている。全員がそうなるわけではないだろうがギャンブル中毒は脳内の異常で病気だ、そしてそれはパチンコで引き起こされる。どうやらドーパミンなどの脳内神経伝達物質の代謝異常らしい。この病気は進行性で自然治癒も無いそうだ。つまり、個人が意思の力ではどうにも出来ない病気なのだ。

現象で言えば覚醒剤やマリファナ、合成麻薬などよりはるかに破壊的で破滅的な被害をもたらしているのがパチンコ・パチスロではないのか。何しろ年商30兆円の巨大産業なのだからそれだけ貢いでいる日本人がいるということだろう。

ちなみにトヨタの年商は20兆円。日本の国民総医療費は年間30兆円強だそうだ。それを考えると民間ギャンブルのパチンコ・パチスロがいかに巨大な集金システムになっているのかが解る。

うるさい宣伝、下品な看板、最近ではやたら眩しい発光ダイオードの巨大ビジョンの看板で日本の街を下品な景観にしているパチンコ店。そして、トップの自動車メーカーよりも多い年商の巨大ビジネス。そんな彼らに対抗する手があるのだろうか。

絶望的な気がしてくるが、一つだけある。それは、知ること。警察庁と公安委員会が手綱をにぎるパチンコ・パチスロのシステムがどれだけ欺瞞にあふれていて汚いのかを知ること。システムの中身を徹底的に知ること。そして、パチンコ店に行かないこと、パチンコ・パチスロをしないこと、しない仲間を増やすこと。
気が遠くなるような対抗策かも知れないけれどほとんどの人がやらなければパチンコ店は日本に存在できなくなります。その日を夢見て。 2010年 11月



やめられない ギャンブル地獄からの生還やめられない ギャンブル地獄からの生還
(2010/09/03)
帚木 蓬生

商品詳細を見る
前半の手記が壮絶。


パチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されないパチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されない
(2005/09)
溝口 敦

商品詳細を見る
パチンコ止めたい人必読。本当に勝負するのがバカバカしくなります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://corazon9.blog136.fc2.com/tb.php/2-1c8c39df

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

エル・コラソン

Author:エル・コラソン
高度経済成長期に子供時代を過ごす。SFと哲学が好きな変な子供だった。今もあんまり変わってない。大学卒業と同時にバブルに浮かれる日本を後にして海外で暮らす。父の死で帰国。外から日本を眺めて嘘に気付く。本当のことが知りたい。 社会、経済、歴史、宗教 あまりに嘘と虚構が多くて我慢できない。それがどんなにひどくても真実を知りたい。愚者の楽園に住みたくは無い。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エル・コラソンのブログ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: