Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://corazon9.blog136.fc2.com/tb.php/5-5f9e4742

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なぜあんなにくやしいのか2

とにかく、負けると悔しい、他のギャンブルでは味わったことの無いような悔しさと怒りがこみ上げてくる。大げさですがパチンコの話です。最初の大勝以来、たまにパチンコをやるようになって、勝ったり、負けたりしていると、自然と興味が出てきて、色々と調べました。
すさまじいガセ、から結構使えそうなものまで、いわゆる攻略法というものがあることも知りました。
しかし、情報が決定的に不足している。

表向きはパチンコは確率のギャンブルだそうだ。各台完全独立抽選とかいう電子ルーレットで当たりを決めているとか。あとは釘とかロムとか色々言う。それを鵜呑みに信じるから、機械的なものに対しての攻略と言う発想が出てくるのだろう。そんな機械の確率に負けただけであの悔しさはありえない。直感的に大嘘があることを感じていた。その大嘘にだまされて負けていたのであんなに腹が立ったのだ。視点を変えればそれは確信に変わる。経営の立場に立てば、機械の完全独立の確率に頼って経営が成り立つわけが無いということ。つまりすべては電子的に人為的に制御されている。

現象を見れば容易に判断できる。なぜ新装開店の時は出しまくれるのか、力を入れている台のグループは良く出るのか。時間設定のイベントで本当に出したりできるのはなぜなのか。回りのムラでは説明できない回転数の変化はなぜ起こるのか。本当に確率が発表されているようなものならば巨大ホールでの経営は不可能なはずだ。

1台1台を個別に操作するのは遠隔で違法になるが、何台かをまとめて制御するのは違法ではない。!
また、出た、なんというザル法、スカスカのごまかしだらけだ。こんなものに騙されて千円札をせっせとサンドに入れていたのだ。表向きは確率を謳い実は法律に触れない台の制御技術は特許まで取っている。特許庁のHPで確認可能。
1日の目標売上を決めて打ち込むと自動的にコンピューターが出玉を決めて各台に割り振っていく。
そんなシステムが確立して稼動している。興味があればパチンコ周辺機器販売会社のホームページでも確認できます。顔認証システムなんかもパチンコ店向けに開発されたものが販売されているのを確認できます。(以前はオムロンもホームページに製品を載せていたが、今は削除されている。)

想像すると不気味ですよ、知らぬ間に自分の顔写真が鮮明にとられてデータベース化されいつ何回来て、いくら使い、どの台で遊んだか、好みの傾向までデータベース化されているらしい現実。大勝も大負けも、データーから予測される各個人の財力によって、調整されて時々勝たして長ーくゆっくり搾り取って行くシステムみたいなものが確立しているようです。

これをいかさま勝負と言わずなんと言おう。
許せない、絶対に許せない。猛烈な怒りがこみ上げてくるが。私ができる報復手段はただ一つ。機械の裏をかいて勝ちまくったり、パチンコ店に一泡吹かせてやるようなことでは無い。ただパチンコをやらないこと。パチンコ店に行かないこと。この情報を一人でも多くの人に知ってもらい私と同じ報復を行うこと。
なので、すべて解った時点でパチンコ・パチスロは止めてしまいました。

これだけの不正が国家ぐるみで行える理由や、経営者のほとんどが韓国・朝鮮系の理由なども解明しましたが、巨大な悪につながる取っ掛かりの話なので、背後関係やその仕組みはまた、別のテーマで書いていきます。
パチンコブログじゃないのでこれ以上パチンコを話題にしたくないので。

あと最後に、パチンコ・パチスロマンガ。ひどすぎます。まぁ提灯雑誌なんで仕方が無いんでしょうが、毎回毎回みんな見事に突っ込み負ける話ばかり。つまり負けても当たり前、負けてもいいんだよ、というメッセージと5万10万当たり前という間違った金銭感覚の刷り込みに腐心しているように見えます。勝ってる話は谷ダニ村だけとい変態的な内容で、こんなものに貴重な紙や印刷技術、資源を使って欲しく無いですな。なぜ、コンビニも取り扱うのかねえ。


やめられない ギャンブル地獄からの生還やめられない ギャンブル地獄からの生還
(2010/09/03)
帚木 蓬生

商品詳細を見る
前半の手記が壮絶。


パチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されないパチンコ「30兆円の闇」―もうこれで騙されない
(2005/09)
溝口 敦

商品詳細を見る
パチンコ止めたい人必読。本当に勝負するのがバカバカしくなります。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://corazon9.blog136.fc2.com/tb.php/5-5f9e4742

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

エル・コラソン

Author:エル・コラソン
高度経済成長期に子供時代を過ごす。SFと哲学が好きな変な子供だった。今もあんまり変わってない。大学卒業と同時にバブルに浮かれる日本を後にして海外で暮らす。父の死で帰国。外から日本を眺めて嘘に気付く。本当のことが知りたい。 社会、経済、歴史、宗教 あまりに嘘と虚構が多くて我慢できない。それがどんなにひどくても真実を知りたい。愚者の楽園に住みたくは無い。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

FC2カウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エル・コラソンのブログ

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。